ストレスで食べちゃう…そろそろ止めたいのに食べちゃう

いわゆる「ストレス食い」はどうして起こるのか?ストレスのホルモンが原因と言われているけど…これって止められないの?ストレスじゃなくても食べて美味しいとつい食べ過ぎちゃいますよね。そういう時こそダイエット治療薬のゼニカルを使ってみませんか?

*

ストレスが0になることは難しい!ストレスを減らすには?

      2016/09/18

人間誰でも生きていく中でストレスは絶対にあります。

ストレスを溜めない、0になることは難しいので、できるだけ減らすことを考えてみましょう。

小さな子供でもストレスはある

ストレスは大人だけではありません。幼児や乳児ですら間違いなくあるのです。

乳児の場合は自分ではできないことがとても多いです。オムツが不快であったり汗をかいたままだったり、周りの人のイライラが伝わってしまったりなどです。しかし、乳児自ら解消はできないので周りにいる大人が気付いてあげ、対処をするしかありません。

幼児でも園内で自分を出し切れず、帰宅後の愚図りが激しくなることがあります。親・兄弟との接触やスポーツ、TV、ゲームなど家で気持ちが解消し、園内でも少しずつ慣れていけば対応していけるようになります。

学生になっても同じで、友人関係や勉学の悩み、集団の環境に対応しなくてはなりません。親の助言が必要であったり、時には親にも言えないことがあっても友人同士で助け合ったりしながら気持ちが強くなっていくのです。部活動で厳しい練習や先輩後輩の関係に耐えてきた人、校外学習や団体の中で長く継続してきた人、厳しい家柄だった方は社会に出た時には比較的自由を感じ、ストレスを感じない場合もあります。

大人のストレスは多種に渡ります。仕事や夫婦関係、嫁姑問題、親戚関係、ご近所付き合い、子供がらみの保護者・学校との関わりといった人間関係、ダイエットや習い事、仕事スキルアップなど自己啓発によるものまで様々です。自己啓発旺盛な方は、レベルアップしそれが達成できた時の喜び・自信が、より生き生きとした人生となるわけですから、プラスと言えるでしょう。

マイペースで緩く考えるのも手段の1つ

自分で立てた目標を継続し乗り越えるためには、緩めることも必要です。

マイペースで緩く続けられるものでないとイライラがずっと続くようになります。気分転換のために発散できる術も取り入れたり、いったんお休みしてみるというのも良い精神状態を保つために必要です。

必ずしも乗り越えられるものでないとわかった場合の諦めどきを見極めるのも自分です。人間関係の場合も、自分で気が付かないうちにストレスを溜め込んでいる場合もあります。

原因が仕事、ご近所付き合いなど他人と分かったなら、必要最低限のできることをして極力距離を置き、ストレスを溜めない努力を考える必要があります。無理な仕事を押し付けられる場合は断る勇気・割り切ることも必要です。それによって新たな問題が出そうになっても頑張らない、仕事を減らすようにしてみましょう。

家庭内の親子・夫婦関係でも同じですが、コミュニケーションが足りないことによる不和も考えられます。同じ家に住んでいながら一緒に過ごす事が苦痛と思うならば、距離を置くことはもちろん、会話をするというのも勇気のいることです。どこかで食い違いが生じ、話さなくなったことが原因かもしれません。

心のわだかまりを長くもったままですと一層悪化する場合もありますから、できることなら長引かせずにコミュニケーションを取るようにしましょう。そしてどんなに好きな相手でも全てが合うことはなく、「違う考えもある」ということを前もって認識しておくのも大事です。