ストレスで食べちゃう…そろそろ止めたいのに食べちゃう

いわゆる「ストレス食い」はどうして起こるのか?ストレスのホルモンが原因と言われているけど…これって止められないの?ストレスじゃなくても食べて美味しいとつい食べ過ぎちゃいますよね。そういう時こそダイエット治療薬のゼニカルを使ってみませんか?

*

「ストレス食い」をしないようになるための対策法とは?

      2016/08/29

毎日忙しく仕事や家事をして、あるいは学業を一生懸命こなし、生きている限り誰でも多かれ少なかれストレスを抱えているものです。

ストレスを感じる元となることを取り除くように努めることはもちろんですが、最も大切なのは、ストレスをどのように発散し、どうやって上手に気分転換をするかです。

特に女性に多いのが「ストレス食い」と呼ばれる過度な食事をすることで、ストレスを発散させる問題行動があります。

「ストレス食い」は気分転換ができていない

「ストレス食い」は正しいストレスの発散方法ではありません。食べた後、必ず後悔をすることで更にストレスが生まれるからです。

「ストレス食い」はイライラを解消するどころか、その後に食べてしまったという自己嫌悪を生み、新たなストレスを抱えることになります。そこで留まるならまだよいのですが、それがループしてくる可能性があるのです。自己嫌悪になると分かっていても今のイライラを解消したいがための悪循環です。

リラックス方法を探す

それはやはりストレス食いの代わりとなる、自分なりのストレス発散方法を探すことです。

スポーツをして汗を流すのも良し、美術館などで非日常を味わうのも良し、また仲の良い友達に話を聞いてもらったり、旅行に出かけるのもいいでしょう。自分がそのストレスから解放される、リラックス方法を探して下さい。

また、外に出ることだけがリラックス方法ではありません。まだ子供が乳児や幼児だったり、介護などをしてる人は少しの時間でも外出することは簡単ではないでしょう。映画館じゃなくても家でDVDを見たり、ヨガなど激しくなくてもいい運動をしてみたりすることもできます。全てにつきっきりじゃなく、誰か替わってもらえるなら1時間でも2時間でもお茶するだけの外出だけでもストレスは減少していくものです。

「ストレス食い」の習慣を止める

もう既にストレス食いが定着してしまっている人は、直ちにその習慣を止めるようにしましょう。

つい食べ物に手が伸びてしまいそうになった時は、一呼吸おいたり水やお茶などを飲んで他のことを考えましょう。そして食べ過ぎた後の自分の姿を想像しましょう。食べ過ぎた後、必ず後悔して嫌な思いをしているはずです。その嫌な思いを先に考えてみましょう。

ストレスとは上手く付き合う

ストレスが無い世界というのはありえません。仮にあったとしたら、それは退屈でどうしようもなく空虚なものでしょう。

ストレスは全てが悪ではなく、自分がステップアップできるチャンスともなると考えてみましょう。自分が何でストレスを感じ、何をするとリラックスが出来るのかを知り、上手くストレスと付き合っていくようにしましょう。